2021 SPRING
メイク界でこの春注目なのが、青みピンクを使ったメイク。
甘さのあるメイクにはどんな春コーデがお似合い?
ファッション誌でも活躍している人気ヘア&メイク吉崎沙世子さんに
春コーデ×ピンクメイクを提案してもらいました。
ガーリーなブラウス&ハイウエストデニムで
スタイルアップ

定番人気のコットンレース生地で仕立てたブラウスも、 スクエアネックやボリュームスリーブを合わせることでトレンド感のある ルックスに。

刺繍を生かしたスラカップや胸下の切り替えたデザインが デコルテまわりを美しく魅せ、女性らしい雰囲気を後押し。 裏地がついているので、透け感も気にせず着られるのも嬉しい。

合わせるボトムはハイウエストデザインのデニムがおすすめ。 甘いトップスを程よくカジュアルダウンさせるとともに、 スタイルアップも叶え、バランス良くまとまります。

モダンさを加えたピンクワントーン

ワントーンメイクながらも、キーカラーであるピンクを “散らす”のがポイント。まぶた上下には青みピンクを塗りつつ、 まぶたの中央にはニュアンス程度のトープを仕込んで。
チークは目尻横と小鼻横に入れ、さらに眉にも赤みをプラス。 甘さはキープしながら、モダンさも備えたワントーンメイクに。
ガーリーなトップスとも相性が良く、一気に鮮度も高めてくれる。

HOW TO MAKE-UP

指にAを取り、まぶたの中央に。
それを囲むようにBを上まぶたの目頭、上まぶた、目尻側に。下まぶたの目頭1/3にもBのピンクを。
Cをブラシに混ぜ取り、目尻横と小鼻横にひとはけ。ピンクは面で入れるよりも細かく散らして入れることで、可憐でピュアな雰囲気と凛とした女性らしさを両立。
リップはDを直塗り。
ネイルはまぶたにリンクさせたグレーで差をつけて。

USE-IT
  • A影ニュアンスを与えるトープ。ひと塗りで洒落た顔立ちに。 ヴォランタリー アイズ EX09(限定色) ¥2,000 / セルヴォーク

  • B透け感のある青みピンク。スッとまぶたになじみ春らしい表情をメイク。 ヴォランタリー アイズ 33 ¥2,000 / セルヴォーク

  • Cペールピンク〜レモンゴールドの春らしいグラデーション。 ピュア カラー ブラッシュ 124 ¥5,500 / SUQQU

  • Dとろけるようなテクスチャーのピンクローズ。 アライジングスピリットリップグロー X03(限定色) ¥3,900 / THREE

  • E月夜に照らされた水面をイメージ。シアーな煌めきが爪先で揺らぐ。 ネイルポリッシュ X46(限定色) ¥1,800 / THREE
Hair&Makeup
吉崎 沙世子
Io所属。トレンドをイチ早くキャッチし、メイクに落とし込む感度の高さは業界内でも評判。女性ファッション誌はもちろん、モデルやアーティストなどからの指名も多い。

@sayoko_yoshizaki

問い合わせ先
Copyright (C) The Virgnia All Rights Reserved.